けんしn

がん検診を受けましょう

日本における死因の第一位は「がん」。日本人では2人に1人ががんになるといわれているほど、身近な病気です。

がんは、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。検診は自覚症状がない時点で行われることから、がんを進行していない状態で見つけることができます。

進行していないがんを発見し、適切な治療を行うことで、高い確率でがんを治すことができます。自分自身のために、大切な家族のために、がん検診を定期的に受診しましょう!!

府内市町村のがん検診受診率はこちら

★どのようながん検診をうければいいの?

厚生労働省では、がん検診の効果について、評価を行い、科学的根拠に基づいて効果があるがん検診をお勧めしています。

種類 対象年齢 受診間隔 検査項目
胃がん 対象年齢50歳以上 受診間隔2年に1回 検査項目問診、胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査のいずれか (注1)
肺がん 対象年齢40歳以上 受診間隔毎年 検査項目問診、胸部エックス線検査
乳がん 対象年齢40歳以上 受診間隔2年に1回 検査項目問診、マンモグラフィ検査
子宮頸がん 対象年齢20歳以上 受診間隔2年に1回 検査項目問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診
大腸がん 対象年齢40歳以上 受診間隔毎年 検査項目問診、便潜血検査

(注1) 胃部エックス線検査に関しては、当分の間、対象年齢を40歳以上とし、年一回の実施も可能。
※がん検診は症状のない方のための検査です。明らかな症状がある方は、医療機関を受診してください。

★検診はどこで受けられるの?費用はいくらくらい必要?

お住まいの市町村・職場での検診、人間ドックなどで受けることができます。市町村が実施しているがん検診を受診する場合、検診費用の一部を負担してもらえるため自己負担額が安くなります(無料の場合もあります)。
詳しくは自治体のホームぺージで確認を。