健康経営OSAKAレポート2021

製造業

ワダカルシウム製薬株式会社

事業内容
医薬品、健康食品の製造
従業員数
56名
男女比
男性37.5% 女性62.5%
平均年齢
47.5歳

健康産業を扱う企業ブランドのイメージ向上につながると思い、健康経営を始めました。

健康経営を始めたきっかけ

親会社のフジモトHD株式会社が健康経営に取り組みだすと聞き、当社でも始めてはどうかと提案。今後、中小企業でも健康経営を始める企業がどんどん増えていくことは目に見えていたので、健康産業に関わっている企業として、従業員の健康を考えることは非常に重要であると考えたからです。

組織体制

経営層 1
部署担当者 3

取締役吉田 浩一
管理部 次長寺尾 珠実
工場業務課 課長安居 早也登
人事総務課 主任坂口 眞理

最初はプロジェクトメンバーを募集して開始。
しかし残業時間の管理など総務人事系の仕事に関わることも多かったので、2年目からは総務課にも加わってもらいました。

施策内容

ウォーキングイベントの開催やヘルスリテラシー向上のための健康情報の発信、女性の健康サポートとして骨粗鬆症検査キットの配布など、優良法人認定基準の全ての評価項目に取り組むことを意識して施策を決定しています。

認定基準で力を入れた項目

受動喫煙対策。残留受動喫煙への対策として、休憩時間等に喫煙した場合は30分経過してからでないと席に戻れないことをルール化しました。また禁煙プログラムへのチャレンジを推奨し、禁煙外来の費用は会社が全額負担する制度を設けました。

結果

健康経営開始時に10人いた喫煙者が、4人にまで減りました。
禁煙チャレンジの制度が社内にあることで、もともとタバコをやめようかと検討していた人へ一歩踏み出させる後押しになるようです。

自分たちの手作りで進める健康経営。
低予算でもアイディア次第で取り組めることは
たくさんあります。

予算をあまりかけずに健康経営をスタートさせたワダカルシウム製薬。
開始翌年から2年連続で優良法人認定を取得した背景には、さまざまな工夫があるようです。

年に3~4回ウォーキングイベントを開催されているそうですね。

吉田さん

「はい、予算はあまりかけずに健康経営を始めると決めましたので、手作りで何ができるかと考えた時に、当社が使命として掲げている『人々の歩くと元気をささえます』、これを従業員で体現できるような健康経営がいいのではないかと思い、歩くということにフォーカスしました。期間を設定して合計歩数を競うのですが、個人やチーム対抗など競争させることで参加意欲が高まるようです。また、何度もイベントを行うと上位者が固定されてくるので、前回の歩数からのアップ率でランキングを作るなど、多くの従業員が楽しめるように工夫しています。」

取締役 吉田 浩一さん
安居さん

「私のいる工場では車通勤の者ばかりで普段はなかなか歩かないのですが、ウォーキングイベントがあると意識して歩こうと思えます。従業員同士でも話題に上がります。」

競うだけではなく、寄付に繋がるイベントも実施されていると伺いました。

坂口さん

「1,000歩につき1円をユニセフに寄付するという企画でして、社会貢献になるならとモチベーションアップにもなるようです。」

人事総務課 主任 坂口 眞理さん

他にはどのような施策に取り組まれていますか?

坂口さん

「朝食サポートとして、ヨーグルト飲料の配達を依頼して社内の冷蔵庫に保管しています。一部を会社が負担することで割安で買えるようにしました。検討当初は朝食に代わるものを探していたのですが、コストもかかるのでハードルが高くて。」

安居さん

「工場では野菜ジュースを置いています。この取組みは、朝食に関する社内アンケートを実施した際に、朝食をとっている人は多いけれども毎日同じ物を食べている人も多いことが分かり、プラスワンで栄養を補うという発想からです。」

工場業務課 課長 安居 早也登さん

健康経営をうまく進められているコツは何だと思われますか?

坂口さん

「吉田さんと、寺尾さん、この二人がぐいぐい引っ張ってくださることですね。」

安居さん

「私たちは健康経営とは何かも知らない状態からのスタートだったのですが、勉強会を開いてくれて他社事例などの情報も教えてくれました。」

吉田さん

「施策を決めて実行し続けていくには、誰かがやる気を出して引っ張っていかないと難しいと思います。外部機関に頼らないなら、なおさらです。外部にコンサルタントを依頼するなどのやり方もありますが、お金をかけなくても自分たちでアイディアを出し合えば健康経営は実践できます。」

旧東海道を歩き、じゃがいも収穫体験を行うウォーキングイベント

次に考えている施策はありますか?

吉田さん

「当社が加入している大阪薬業健康保険組合には、当初、優良法人認定取得企業が3社しかなかったのですが、今では10社を超えました。せっかく身近に10社もあるのですから、お声掛けして一緒に何かできたらいいなと思っています。次のステップは、企業間での健康経営コラボレーションですね。」

優良法人認定の取得を
めざす企業様へメッセージ

中小企業では従業員の病欠が続くと、業務を代われる人がおらず困ることになります。健康で長く働いてもらうためにも、健康経営への取り組みをお勧めします。
そしてぜひ、優良法人認定を取得してください。優良法人認定を取得している企業間で情報交換できるようなコミュニティを一緒に作りませんか?
企業が多数集まれば、アイディアを出し合えると思います。

代表取締役社長 二瓶 康裕さん

健康経営年表

※ 健康経営年表または、こちらをクリックすると拡大します